ヨコハマタイヤからは「アイスガード」というスタッドレスタイヤが販売されています。
織田祐二さんが出演しているCMで誰でも一度は観たことがあると思います。

「乾いた氷は滑らない」がキャッチフレーズになっているようにタイヤの吸水力に力を入れています。

「トリプル吸水ゴム」という独自の開発で、氷上性能・乾いた道路どちらにも対応でき、圧雪、アイスバーン、ウェット、ドライ。

温度によって刻々と変わる冬の路面状況の中で、どの温度域の路面においてもより高い安全を性能を実現しています。

また、高密度「トリプルデザイン」を採用し、どんな道でも性能を発揮します。具体的には、立体形状を従来比「3段」にしてタイヤ表面で約3割増の高密度配置を実現したトリプルピラミッドサイプ、大型ブロックを「3列」に強化したトリプルベルトブロックで、アイスバーンでの密着性、シャーベット路での排雪性、ドライ路での剛性、ウェット路での接地性など、従来のスタッドレスタイヤに比べ、性能が大幅に向上しました。

アイスガードトリプルニューモデルの「アイスガードトリプル」では、従来の「アイスガード」に比べ、アイスバーンでの制動性能を約7%向上、ドライ路面での制動性能を約5%向上、濡れた路面での制動性能を約11%向上など、メーカー公表値ではありますが、大幅に性能は向上しています。

発売サイズは135/80R12 68Q – 245/40R18 93Q の88サイズで価格はオープン価格です。