スタッドレスタイヤは夏のタイヤに比べ溝が深く、デコボコしています。ゴムに工夫をして冬道を快適に走行できるように工夫されています。

スタッドレスタイヤが優れた性能を発揮するためには、購入した時の状態が保たれることが大切です。
何年の履き続け溝が減っていては、性能を十分に発揮することは出来ません。
スタッドレスタイヤの溝が浅くなってしまうと、雪を噛むことが出来なくなりスリップの原因になります。

スタッドレスタイヤは溝が購入時の半分になると性能が発揮できなくなると言われています。溝が半分以下になったスタッドレスタイヤで冬道を走行するのは危険なので避けましょう。

スタッドレスタイヤには溝が磨耗したことが分かりやすいようにスリップサインとプラットホームというタイヤの使用限度を知らせるサインが付いています。

スタッドレスタイヤの場合、溝が残り50%以下になってくると、プラットホームが現れます。
プラットホームの位置は、タイヤサイドに矢印がありますので、確認してください。全部で4か所あり、1カ所でもプラットホームが現れていたら、そのスタッドレスタイヤは法規上使用することができません。

スタッドレスタイヤの保管状態や長期間の使用でゴムの劣化は違ってきますが、スタッドレスタイヤの耐用年数は3~4シーズンです。しかし、毎年シーズン前にプラットホームを確認するようにしましょう。

また、3~4年経過したスタッドレスタイヤはゴムが劣化して硬くなってしまっています。
ゴムが劣化して硬くなってしまうと吸水力やグリップ力が悪くなります。ガソリンスタンドでゴムの硬度をチェックをすることができるので、こちらもシーズン前に確認しておきましょう。

安全な冬道での走行をするためにスタッドレスタイヤのゴムの硬さやプラットホームサインの確認をしましょう。