スタッドレスタイヤの性能比較一覧

各社から発売されているスタッドレスタイヤの性能を比較して紹介しています。スタッドレスタイヤの選び方や価格比較、評判などの購入の目安となる情報から、購入後の保管の仕方などのメンテナンス情報をお届けしています。

Category: スタッドレスタイヤについて

スタッドレスタイヤの寿命

スタッドレスタイヤは夏のタイヤに比べ溝が深く、デコボコしています。ゴムに工夫をして冬道を快適に走行できるように工夫されています。

スタッドレスタイヤが優れた性能を発揮するためには、購入した時の状態が保たれることが大切です。
何年の履き続け溝が減っていては、性能を十分に発揮することは出来ません。
スタッドレスタイヤの溝が浅くなってしまうと、雪を噛むことが出来なくなりスリップの原因になります。

スタッドレスタイヤは溝が購入時の半分になると性能が発揮できなくなると言われています。溝が半分以下になったスタッドレスタイヤで冬道を走行するのは危険なので避けましょう。

スタッドレスタイヤには溝が磨耗したことが分かりやすいようにスリップサインとプラットホームというタイヤの使用限度を知らせるサインが付いています。

スタッドレスタイヤの場合、溝が残り50%以下になってくると、プラットホームが現れます。
プラットホームの位置は、タイヤサイドに矢印がありますので、確認してください。全部で4か所あり、1カ所でもプラットホームが現れていたら、そのスタッドレスタイヤは法規上使用することができません。

スタッドレスタイヤの保管状態や長期間の使用でゴムの劣化は違ってきますが、スタッドレスタイヤの耐用年数は3~4シーズンです。しかし、毎年シーズン前にプラットホームを確認するようにしましょう。

また、3~4年経過したスタッドレスタイヤはゴムが劣化して硬くなってしまっています。
ゴムが劣化して硬くなってしまうと吸水力やグリップ力が悪くなります。ガソリンスタンドでゴムの硬度をチェックをすることができるので、こちらもシーズン前に確認しておきましょう。

安全な冬道での走行をするためにスタッドレスタイヤのゴムの硬さやプラットホームサインの確認をしましょう。

スタッドレスタイヤの性能を過信しすぎない

スタッドレスタイヤを使用しているから大丈夫だと過信してしまう人もいるでしょう。
雪道でも走行が出来るようにいろいろな工夫をして開発されているスタッドレスタイヤですが、その性能も万能ではなく、運転の仕方によっては、横滑りやスリップを起こす場合があります。

スタッドレスタイヤを使用しているから事故を起こさないという保障はないので、冬道では雪のない状態でも安全運転を心がけ決して過信してはなりません。

スタッドレスタイヤは環境汚染や人にも優しいタイヤで、道路を傷めることもありませんが、スパイクタイヤとは違いピンを使用してないので、ミラーバーンと言われるツルツルした路面を作りだしてしまいます。

スタッドレスタイヤが全国的に使用されるようになってから、各地でこのような現象が見られるようになりました。

スタッドレスの性能交差点での停止や発進を繰り返すうちに出来てしまうミラーバーンは車の走行だけでなく歩行者にも危険な状態になっています。スケートリンクの上を歩いたり走ったりしているようなものです。

また、その影響から、坂道などに設置されている滑り止めの砂や塩化カリウムなどの散布も頻度が増し、環境への影響や車体への影響が心配されています。

スタッドレスタイヤは気温によってグリップ力が違ってきます。
マイナスの温度を少し下回った温度がグリップ力が上がるように設計されているようです。暖かい地域であまり雪の降らないような所ではスタッドレスタイヤだからと過信しないように気をつけましょう。

タイヤが古くなったからと言って夏場にサマータイヤの代わりにスタッドレスタイヤを使用する方もいますが、タイヤが柔らかい分、摩擦が大きいので摩擦熱が発生しやすくなっています。すると、高速走行でタイヤから出火する可能性があり、とても危険です。夏のスタッドレスタイヤの使用は止めてください。

カークランドで産毛しか生えてこない!
リアップやロゲインと同等のミノキシジルを含むカークランドですが、使っても使っても産毛しか生えてこないという悩みを持つ男性は少なくないようです。もし同じ悩みを持っているならこちらのページに書かれている方法を試してみてください。
www.martijnscherpen.com