雪の降る地域やスキーやスノボーなどのウィンタースポーツをする人には欠かせないスタッドレスタイヤですが、道路に雪が積もった時や、凍結した路面を走行する目的に開発されています。

夏に使用するサマータイヤに比べ、タイヤの溝が深く、雪の積もった道路を走行するときに雪を溝が噛むことでタイヤをグリップさせ走行性を高めます。

チェーンのように脱着の必要がいらないことから、便利なタイヤとして、今では多くの方がスタッドレスタイヤのお世話になっていることでしょう。

スタッドレスタイヤで走行しているとタイヤの溝が雪を噛み、剥がれ落ちてという事が繰り返され新しい雪を噛むことでグリップ力を高めています。

溝を構成しているブロックにはサイブという細かい溝が刻まれていてます。サイブがあることで、ブロックが変形し凍結路などでもグリップを得られます。

スタッドレスタイヤのゴムは低温でも柔軟さに優れ、常温でもゴムが保たれるように夏に使うタイヤとは違う特別な素材で作られているため、一年中スタッドレスタイヤを履きっぱなしというわけにはいきません。

乾いたアスファルトでは、スタッドレスタイヤの方が余計に危険となりますし、タイヤの寿命も短くなってしまいます。

スタッドレスタイヤスタッドレスタイヤは各メーカーから販売されていて、気泡を含み吸水・吸着性を高めたタイプ、胡桃の殻を練りこんで引っ掻きグリップを高めるタイプなど、それぞれ特徴があります。

スタッドレスタイヤを選ぶ際は、サイズに気をつけましょう。

通常はインチアップしている車でも、スタッドレスタイヤは純正タイヤと同サイズで履くことが基本です。

また、チェーンのように駆動輪だけに履かせるのではなく、4輪すべてに履かせなければなりません。

中古でスタッドレスタイヤを購入する方もいるでしょうが、その際は製造年月日に注意してください。スタッドレスタイヤは、上述したとおり、特殊な素材でできているため、寿命もサマータイヤに比べてシビアです。

一般的に言われている寿命は3年ですから、1年程度の方落ちなら問題ないでしょうが、2年以上の方落ちタイプだと、保管方法によっては経年劣化がひどく、スタッドレスタイヤとして機能しない極悪品もありますから注意が必要です。

栃木の脱毛調査隊
いよいよサービス開始!待ちに待ったあの脱毛サロンが栃木にもOPEN!すでに予約が殺到しています。
xn--4pvxsh6ghp3a.com